<< 生産性の話 | main | 主婦とは >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.07.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

就活の時期ですね。

また、気付いたら、ブログ書いてなかった…。毎日書きたいのに…。

就職活動が本格化してきたようですね。様々なところで、就活に関する記事を見るようになりました。就職活動、というか、進路で思っていることをちょっと書きたいと思います。

大きなお世話なのですが、高卒でフリーターやっている人とかなんかすごくもったいない、と思います。若いのに…。アルバイトから始めて正社員を狙っているなら別ですけど。

昔、勝ち組・負け組、みたいな言い方がありましたけど、東大レベルの人たちだけが勝ち組というわけではないんですよね。もっと小さい枠の中でもあると思うのですよね。

例えば、あまり偏差値の高くないと言われている工業高校卒の人でも、フリーターになるのと、上場企業の地元の工場で働くのでは、生涯年収が格段に違います。この場合の違いって、高校時の成績が左右されます。上位にいれば、学校推薦等で地元の優良企業に入ることが可能です。また、工業高校に入る人たちは、中学時代はそんなに勉強できなかったと思うんですよね。(好き好んで行く人ももちろんいるとは思いますが。)でも、そんな人達もその中で上位にいれば、優遇された就職先を手に入れることができるのです。一方で、中学時代にそこそこ上位の成績で県トップクラスの学校に入学できたとします。でも、高校時にあまり成績がよくなければ、よい大学に行けず、就職先も難航するかもしれません。

これは自分が実体験したことですが、私は中学時代は勉強を頑張ってはいたのですが頭が良くなく、300人中100番位でした。なので、一応進学校ではありましたが、だいたいみんな短大進学か就職するような高校に進学しました。そこで、中学時代と同じように勉強していたのですが、何かの間違いか成績は上位だったのですね。これは私が勉強ができたというよりは、周りの人が勉強しなかったせいなんですけど…。おかげ様で地元の大学に推薦で行けました。ありがとうございます。進学校に行った人で同じ大学に落ちた人を見ましたけど、なんかすごい複雑でした。あんなに勉強できるのに…。でも、結局、私は、大学で上位に入れなかった(でも言い訳すれば真ん中より上でした)ので、就職失敗しましたけど><


要は、何が言いたいのかというと、どんな小さなコミュニティでもよいので、その中の上位にいれば、少し手の届かない上のステージに行けるチャンスがあるということです。上位になれる人って一握りだけど、小さな枠(自分と同じようなスキルの集団)の中で上位になるのって、頑張ればなれると思いませんか?若者にはそういう気概で頑張って欲しい。


スポンサーサイト


  • 2017.07.24 Monday
  • -
  • 23:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座