スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.07.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

縦長ホームページ

はなみち舎のホームページが私好みです。

はなみち舎のホームページ

はなみち舎 ― 岡山市のレトロモダンな雑貨・和風ファッションのお店

こういうサイトを見ると多田屋を思い出すのですが、多田屋がFlashに対して、はなみち舎はHTMLですね。

個人的には、風鈴の音がかわいいサイドメニューは、固定でもよかったんじゃないかと思います。まあ風鈴の雰囲気は出てるからいい気もしますけどね。


料理したくなる料理サイト

超かっこいい料理サイトを見つけました!

kusudama

カテゴリの仕方とか見せ方がよいなぁ。


なんでtarget属性が使えないんだろう?

ちょっとXHTMLな話で恐縮ですが、なんでStrictってtarget属性が使えないんですか?
このあたりはきちんと理由を突き止めなければ!

もしそれがユーザビリティの観点からなんていうのなら、間違ってますよ!
まあ、ユーザが、新しいウィンドウ(タブ)で開くか、同じウィンドウに開くかを自由に決めることができることは重要です。
ただし、わざわざ「リンク上で右クリック→リンクを別のウィンドウ(タブ)で開く」ということをする人はよほど、インターネットに慣れている人です。(Firefoxだったらホイールクリックで開きますけど)
多分、インターネットに慣れていない人は、別のサイトや異なるデザインのものは全部新しいウィンドウで開くと勝手に思い込んでいる(※)。何を隠そう、かつての私がそうだったのです。
無意識的にヘッダー(デザイン)が同じページ同士は同一サイトと思いますよね?
で、デザインが変わったら別のサイトなんだなぁと。わざわざURLなんて見ません。
だから、見たいサイトAからリンクを押してみて別のサイトBに行ってしまって、元の見たいサイトAに戻りたかったら、思わず「×ボタン」押してしまうんですよ。
もし、同一ページにリンクしていた場合、見たかったサイトもろとも消えちゃうわけです。
いらないものは消す、それがユーザ心理です。

自分のサイトは同一ページで、別のサイトにいく場合は、別のウィンドウなりタブを開いたほうがよいと思います。
あとうちの旦那さんがいつか、「別のサイトを同一のウィンドウで表示するのはマナー違反(他サイトのコンテンツを自分のものにしているのと変わりない)」とまで言ってました。まあ、これはフレームを使っていて、メインとなるページに別のサイトのページを読み込んだ場合のことだったのかもしれませんが。ちょっとうろ覚え。

逆に同一サイトでは、ある例外(例えばPDFファイルの表示など)を除き、必ず同じウィンドウで表示するべきです。
きちんとグローバルナビゲーションやパンくずリストをつけておけば迷子になることはありません。
一方で、同じサイトなのにウィンドウがたくさん開くことは逆にユーザビリティを下げてしまう要因です。ユーザ同じサイトと認識している場合、前のページに戻りたい場合は、ほとんどの方がブラウザの「戻るボタン」を押すはずです。それが別のウィンドウ(タブ)で開いてしまった場合は、「戻るボタン」が効きません。またもやユーザは迷子になってしまうのです。

そもそも、target="_self"(あるいはtargetなし)でも、つまりは同一ページに開くように設定していても、ユーザの意思で別ウィンドウ(タブ)で開くことはできます。target="_blank"にする理由は、作成者側が同一ページで開いてほしくないと思っているからでしょう。何か正当な理由があります。
ウィンドウ(タブ)がたくさん開くことは悪い事ではないと思います。
悪いことは、先ほど見ていたサイトに戻れなくなる(迷子)になることだと思います。

そして、別のウィンドウ(タブ)で開くリンクの場合は、注釈をつけることで、ユーザビリティはぐっと向上するのではないかと思います。
あるいは同一ページで開くリンクと別のウィンドウ(タブ)で開くリンクのふたつを用意するとか。

でも、まあ今まであった便利なものを使えなくするということはそれ相応の理由があるはずです。もうちょっと調べてみます。


※について
余談ですが、ある年配のクライアントにLightBox見せたんですよ。その方には同一ページに写真が出るという概念が全くないので、その写真を消そうと思ってブラウザの「×ボタン」を押したのですよね。
リッチな動きってインターネットに慣れている人や若い人はすぐ適応できるけど、そうでない人は逆にユーザビリティを下げる要因となっていることは注目すべきことだと思います。


プログラム言語ってどれが一番いいってことはない

04 Blog Not Foundの弾さんの発言にはみんな思うところがあるようで。

404 Blog Not Found:そろそろPHPに関して一言いっとくか

例えば、
PHPの車輪はバカに出来ない。使うに留めず使いこなしてからが面白い。*ホームページを作る人のネタ帳

IT戦記 - じゃあ、僕も PHP について一言いっとくまうす

などなど。

私はほんとうにプログラミングができない人間なので、全く基礎がわかりません><
だから、みんな頭いいなぁと思っちゃうんです。
プログラミングって言語つまり言葉だから、時間の流れと共に変化するものなのですよね。
だから面白かったりする。

で、別にどうこういう必要はないんじゃないのかなぁ。と思った。
むしろ、PHPがだめだと訴えるのではなくて、こっちのプログラムのほうが、こういう利点があるってことを教えてくれたほうが、これからプログラムを学ぼうとしている人にはいいなのではないだろうか。
そもそもプログラム言語ってそれぞれに長所があり、欠点があり、それがプログラム言語としてそれぞれ役目を果たしていると思う。

私はよくばりなので、PHPもJavaScriptもJavaも全部習得したいって思っちゃうんだけどなぁ。


CS3日本語版がでましたね

ついに待望のPhotoshop CS3 日本語版とIllustrator CS3 日本語版が出ましたね!
私としてはPhotoshopのほうがほしいです。すごくほしいです。
Illustratorは、あまり使いこなせてないので最小限の機能だけでOKなのです。
最近すてきなプラグインが沢山でているんだけど、CS以上対応ばっかりで使えない〜。

で、気になるお値段ですが、なんと私アップグレードの対象じゃない!!!><
10万円はどうしても出せませんので、なんとか策を考えます。(違法はしないよ)

だ、誰か買ってください〜。


スパムのように広がってますが

ちょっと、SEO対策しているときに気づいたのですが、
「結婚相談所サンセリテ青山」
というサイト。
恐らく、結婚相談所のサイトなのですが、スパムかっていうくらいに広がりをみせています。
例えば、キーワードアドバイスツール(http://inventory.jp.overture.com/d/searchinventory/suggestion/)使って、「結婚相談所サンセリテ青山」と単語で検索してみてください。
とんでもないことになっています。
どうなったらこうなるのか知りたいw

そして、このサイト、このblogにも無意味にトラバしてました。
そして完璧スパム扱いされてましたw

こういうふうにアピールをするサイトって他にもあるんだろうなぁ。


いまさらながらにべつやくメソッド

「べつやくメソッド」という言葉やそれが円グラフということはなんとなく知っていましたが、その元ネタになった以下の記事を何かの拍子に初めて見ました。

@nifty:デイリーポータルZ:円グラフで表そう

確かに円グラフってどこでも使うし、ごきげんようだってよく使ってるのに、なんかすごく画期的だなと思った。
実際こういう使い方は過去にもありましたよね。アンケートや統計とるときに。
ただ、なぜ画期的に映るかというと、べつやくさんの記事の書き方が画期的なんだと思う。
手描きのイラストと、写真の使い方がすごく面白い!
すごいな〜、こういうのがクリエイターさんなんだなと思いました。

こういう感覚は、WebDesigningの「モノサシに目印」に似てます。

Web Designing: 最新号の内容

上記ページで「モノサシに目印」で検索したら、どんなのかわかります。

これまであることがちょっとしたアイデアで全く別のものに見えちゃう。
これこそまさにクリエイティブだな〜。


やっぱり広告だけの収入は、ビジネスとして無理だね、という例

ひろゆき氏、「ウェブ動画がビジネスになる日は遠い」 - CNET Japan

ITmedia News:ひろゆき氏、「ニコニコ」ヒットでも「動画は“来て”ない」 (1/2)

やはりあんだけ人気なニコニコ動画でも、ビジネス化は無理なようで。
その中の理由のひとつに


「テキスト広告であればデータ量は100Kバイト程度だが、動画になると100Mバイトにもなりうる。データ量が1000倍になったからといって、広告単価が1000倍にはならない」(西村氏)


ひろゆき氏、「ウェブ動画がビジネスになる日は遠い」 - CNET Japanより引用



とある。

そうなんですよね。
以前のblogでも書きましたけど、収入源が広告だけっていうのはやはり限界がある。
コンテンツに価値を見出さないと。

あと、気になる点といえば、


「有料配信するとしても、課金システムにもコストがかかる。高画質できちんと動画を送ろうとすると割に合わない」


ITmedia News:ひろゆき氏、「ニコニコ」ヒットでも「動画は“来て”ない」 (1/2)より引用



そうなんですよね、課金の仕組みを作るのってすごくすごく難しい。
名前やパスワードだけならまだしも、口座などの顧客情報を持つというのはセキュリティ的にも危険だし、課金システムを構築するのって難しいんですよね、思っているより。

しかし、回線コストに数億って、どんだけNTTのような会社って儲けているんだ?って話。


0円+広告というビジネス展開

web2.0という流れがそうなのかはわかりませんが、メインコンテンツの使用料が0円、でも広告を表示するという流れがネット上ではよくあります。
mixiにせよ、googleやyahooにしろ。

しかしこういうものまで現れた。


広告代理店業務を手がけるウィル・ビーは2007年5月2日、最安0円で飲み物を提供する広告付きカップ式自動販売機「メディアカフェ」の設置サービスと広告販売を、6月下旬より開始すると発表した。


ウィル・ビー、0円で飲み物を出す広告付きカップ自販機を設置へ - ニュース - nikkei BPnetより引用




確か、コピー用紙の裏に広告をしてコピー代がただ、みたいなビジネスを展開しようとしてたところもあったようですが、なんかそういう流れなのでしょうか。

ユーザ(消費者)からしてみれば、タダになるんだから嬉しいんですけど、ちょっとやりすぎじゃないだろうか?と思う。
資本主義なんだから、お金を払ってなんぼだと思うのですが。
コンテンツ自体の価値がなくなってしまうような気がするのですよね。

まあこれは割引というカタチらしいのですが。
完璧タダになるというビジネスも今後出てくるのかも。

私はwebサイトを作成して売るのを生業にしてるのですが、やはりお客さんに提供して喜んでもらえるのなら、タダにして喜んでもらえるのではなくて、ここまでお金出してもいいから是非とも作ってほしいと言ってもらいたい。

タダじゃないと使わない、消費しないというユーザ心理が働いたら怖いな〜と思います。

企業側も安易に広告費で稼ぐのではなく、ユーザにお金を出してでも使いたいと思わせるような商品作りやビジネス展開をしていく必要があるんではないかな〜と思いました。
まあ、全ての会社がそうではないだろうし、でもそういう流れにあるのは事実な気がします。


今更ながらに面倒になってきた


もう2枚目もそろそろ佳境です。
が、面倒になってきた。
class使いすぎな予感。
もっとすっきりさせたいよ〜。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座